社長の大事な時間を無駄にしていませんか? とても忙しい社長のための「社内共有情報活用セミナー」

Description

パソコンが苦手で、IT導入の経験がない社長でも、クラウドサービスを利用することで、社内の情報共有が可能となり、業務の無駄を無くすことができます。

このセミナーでは、社内の情報共有を促進し、無駄のない業務プロセスを実現する為の、クラウドサービス導入5ステップをお伝えします。

■こんなお悩みありませんか?

  同じような資料を、無駄に何度も新しく作成している

  外出中にメールや、社員からの報告が見れない

  すぐに欲しい情報が見つからない

  社内の事務処理が大変で、時間と手間がかかる

  社長や営業マンの予定がわからなくて、連絡できない

  営業マンの顧客訪問数が増えない

  従業員の残業代が増える一方だ

  従業員たちのコミュニケーションがうまくできていない

  □ITを導入したいが誰に相談していいかわからない

ITを活用して業務を効率化したいと思っても、どこに相談していいかわかず、とりあえずITを取り扱っている取引先からの提案を受けようと考えます。そして、提案を受けた内容がなんとなく良さそうに感じ、本当の根本的な原因をあまり追究せずに、提案された内容をそのまま受けいれ、安易にITを導入してしまいます。

しかし、このように安易にITを導入してしまうと、せっかくお金をかけて導入したものの、結局、課題の解決ができず、またITを活用しきれいないまま終わってしまいます。

なぜITを導入しても活用できないのか?

その根本的な原因は、従業員が日頃行っている、業務プロセスそのものに問題がある場合が多いからです。今までやってきたその業務プロセスが当たり前になってしまい、現状の業務プロセスの無駄な部分を全く把握できないのです。

そのような状態でITを導入したとしても解決に至らないのです。

では、どうすればITを活用し、業務を効率化できるのでしょうか?

まず必要なのは、現状の業務プロセスを見直し、管理するべき社内の共有する情報を洗い出し、精査することです。そして、無駄なプロセスや社内共有すべき情報を把握し、グループウェアなどのITツールを活用することで、効率的な業務プロセスで業務を行えるようになるのです。

そして、もう一つ重要なポイントは、グループウェアを導入するだけでなく、継続して利用するための運用方法も考慮する必要もあるのです。

そのためには5つのステップが必要なのです

このセミナーでは業務を効率化するための正しいITツール導入の5ステップをお伝えします。

  業務プロセスの見直しと、問題点の把握する方法

  管理すべき情報、共有すべき情報、本当に必要な情報の洗い出し方法

  洗い出した情報を、グループウェアに取り込む設計

  グループウエアの環境を導入・設定する方法

  導入・設定したグループウエアの環境を運用する方法

Event Timeline
Wed Dec 14, 2016
5:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
よだプラットフォームスクウェア会議室 ミーティングR004
Tickets
参加費用 ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 13, 2016.

Venue Address
東京都千代田区神田錦町3-21 Japan
Organizer
株式会社K-Project
78 Followers